★彩花盆栽教室スタンダードコース6月「キブシの針金成形」

皆さん、こんにちは!彩花盆栽の小林です。

突然ですが、針金成形はお好きですか?!

苦手、難しい、嫌いという方いらっしゃるのではないでしょうか!?

かくいう私は、針金成形大好きです!

写真は、清香園4代目の朝の針金掛けの様子。

朝日を浴びて、針金成形★

今日は、スタンダードクラスのキブシの成形の様子をご紹介いたします。

ビギナー2年目で創作した「キブシ」の作品。

懸崖で作成しました。

キブシは、剪定時期もあり、剪定を逃すと大きくなりがちです。

今日は、皆さんお持ちいただく鉢が大きいこと!

お持ちいただきありがとうございます!!

でも、お帰りにはきっとコンパクトな鉢になっている方もいらっしゃるはず!

キブシは、縦横無尽に伸びるので、

創作した時と表裏が変わることも多く、

また、樹形を考えるにも、針金をかけるにも、

とても勉強になる素材の一つです。

正面を確認しながら、花芽があっても花をあきらめ、

木を作るのに専念する年にするか、花を温存しながら剪定し針金をかけるか。

講師の先生と相談しながら、また、ご自宅の置き場の状況も考えながら、

皆さんそれぞれの選択をし、剪定、針金掛けを行いました。

針金掛けでは、皆さん集中し静まり返る教室に、

ポキ!っと枝が折れる音と同時に「先生大変!!折れました!!」

なんて悲鳴が上がることも…。

苦心しながら作業した作品をご紹介いたします。

ぴよーんと一方の枝が伸びた、こちらのキブシ。

コンパクトに剪定し…

同じ姿?!と見間違えるほど。

針金をかけ左流れから右流れの盆栽に。

床の間に納まるかどうか心配だった、元気いっぱいのキブシ。

剪定し、針金で枝を全体的に下げました。

この生徒様、針金掛けがお上手で、無傷で成形完了!でした。

こちらの生徒様のキブシ。

作ったときはこうだったけど、今はどうしたらいいかわからない…。

先生と相談し、アドバイスを受けながらの作業。

今まで裏だった側を正面に。一方の枝を短く剪定しました。

役枝が明確になり、素敵な盆栽になりました。

こちらも、一方の枝先がぴょーんと伸び、伸びた枝も間延びしています。

間延びした枝は剪定。正面も変わりました。

斜幹の盆栽へ様変わり♪

こうして、針金成形や剪定したりできるのは、木が元気だからこそ!

日々の管理ができているからこそですね。

剪定するにも、枝葉がなければ剪定もできません。

裏表が変わるのも、他から芽や枝が出ているからこそ。

針金成形も、折れたりひびが入ったりとありましたが、

大切なのは、何が原因か、どうすればいいのか考えること。

失敗に失敗を重ね経験を重ね。

少しずつ上達していきます!

めげずに、逃げずに、楽しんでいきましょう!

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

公式HPはこちら

https://www.seikouen.cc/

求人情報も掲載中!

https://www.seikouen.cc/recruit.html

まずはお試し!彩花盆栽教室 通学講座一回体験レッスンはこちら!!

https://www.seikouen.cc/saika/taiken.html

仲間とともに月に一度、盆栽の知識を深めたい方に!

「彩花盆栽教室 通学講座」ご紹介URL

https://www.seikouen.cc/saika/guide.html

遠方の方・自分のペースで学びたい方に!

「彩花盆栽教室 通信講座」ご紹介URL

https://www.seikouen.cc/saika/tuusin.html

☆☆☆一人でも多くの方に盆栽の楽しさをお伝えしたいと思っております。

ご興味のある方は、こちらもぜひご覧ください!☆☆☆

★山田香織の彩花盆栽教室 一日体験入学★

https://seikouen.cc/saika/taiken.html

★季節の情報を配信中!当園の公式FaceBookはこちら★

https://www.facebook.com/seikouen.cc/

★季節の写真を配信中!当園の公式instagramはこちら★

https://www.instagram.com/bonsai_seikouen

ーーーーーーーーーーーーーーーーー