桜の季節 /Saika bonsai 彩花盆栽教室 東京 表参道 埼玉

みなさん、こんにちは。

今朝の盆栽町の最低気温は4度と上がり、風もないため

先週よりも寒さが緩んだ気がします。

いかがお過ごしでしょうか☆☆☆

 

そんな季節を感じとってか、今朝桜が咲き始めました^^/

今朝一番花が開きました

今朝一番花が開きました

彩花盆栽で楽しんでいるおかめ桜が一輪開き、

何度見ても愛らしいな~と感じます。

枝先には出番を待つ蕾でいっぱい!

枝先には出番を待つ蕾でいっぱい!

おかめ桜は寒緋桜(カンヒザクラ)と

富士桜(マメザサクラ)を交配して作出された

品種ですから、当然うつむいて咲きますし、

寒緋桜のDNAによって濃くでるピンクの花色が

特徴です。

この木は毎年よく蕾をつけてくれ、

早咲きということもあり、とても存在感が

あります。

ぜひ、桜を育ててみようという方には

色の良い、こちらのオカメザクラもおすすめします☆☆☆

 

☆☆☆一人でも多くの方に盆栽の楽しさをお伝えしたいと思っております。

ご興味のある方は、こちらもご覧ください!☆☆☆

★新刊のご案内 「よくわかる盆栽 基礎から手入れまで」★

★山田香織の彩花盆栽教室 一日体験入学★

★資料請求やお問い合わせ★

 

真柏の舎利の手入れ saika bonsai 彩花盆栽教室 東京 埼玉 表参道

みなさん、こんにちは!

今日も寒さ厳しい一日となった盆栽町です。

さて、昨日は真柏の舎利づくりや舎利のお手入れ方法

をご紹介する講座を担当させていただきました。

写真は真柏ではなく杜松(としょう)というヒノキ科の盆栽の舎利でご説明をしているところです。

写真は真柏ではなく杜松(としょう)の舎利でお手入れ方法ご説明をしているところです。

簡単にご紹介すると、白い舎利の部分に空気中の

汚れや藻がついてしまって緑色になったり黒っぽく

汚れてしまうので、一年に一回は水で汚れを

洗い流します。きれいさっぱりしたところで上から

舎利を守る石灰硫黄合剤を塗布して腐食しないように

お手入れをします。

 

木も人も、日々の暮らしの中で汚れはつくもの!

木の汚れを落としながら、ふと、自分の毒も抜けていく感覚は

盆栽を植え替えした時の感覚と同じであり、

大掃除をした後の感覚と同じであり、

初詣に行った時の感覚とも同じです。

 

清めて新年の無事を祈って、さっぱりとした気持ちで

過ごせますように!

樹齢100年を超える杜松はお手入れ後に

少し若返った表情となり、喜んでいるように見えました^^!

 

新刊のご案内

みなさん、こんにちは。

日本列島非常に寒い日が続いておりますが、
いかがお過ごしでしょうか。
盆栽町でも最低気温が0度程の日があり、
園内でも連日氷がはり、霜柱が立っております。

さて、そんな中ですが!

小著が出版されます。

山と渓谷社より

20150131-13

「BONSAI 四季のミニ盆栽」が出ました!

お陰さまでムック本を含めると
通算で14冊目となります。

この本は、これまで盆栽と無縁だった方に
手にとっていただきたいと
盆栽の世界とのファーストコンタクトとなるよう
意識して作りました。

どんなに小さな盆栽にも、再現されている風景があります。
そんな、風景写真を盛り込みながら、
気軽に楽しく読んでいただけるような本を目指しました。

小著第一作目は
主婦の友社から出た「はじめての盆栽グリーン」という本
でしたが、私の中でその時の初心に帰るような気持ちです。

「盆栽は気軽にはじめて欲しい」
「もっと幅広い年代の方にも親しんで欲しい」

書店等で見かけられたら、ぜひお手にとってみてください☆

本年もよろしくお願いいたします

みなさん、こんにちは!
年も明け、本年もよろしくお願いいたします。
今年は3月に大宮盆栽美術館にて
2度目の個展の予定があり、創作に
力を入れる一年にしたいと思っています。
さて、今日の写真は…
20150111-IMG_0299.JPG
今年は、私が母校の植竹小学校で、盆栽の授業を持たせていただいて
10年目になります。
「ぼんさい遊々」というボランティアの
会長を務めさせていただいており、
ボランティアに参加してくださる卒業生の
お母様方と一緒に10年を迎えます。
そんな中、今日は9年前に小学校5年生だった
盆栽教室の卒業生の有志や
同じく10年前に小学生の時から
彩花盆栽教室で盆栽を初めた
若い皆さん、
そして盆栽園を支える若手の職人の皆さんと会いました。
とっても可愛らしい小学生だった彼らが
今年は20歳になります。
背も伸びて力持ちの青年となり、
笑顔の素敵な美しい女性となり、
私はとても嬉しい時間を過ごしました。
それぞれに当時の盆栽を育ててくれ、
今後は「ぼんさい遊々ジュニア」という名のもとに
母校での盆栽教室の際には手伝いのボランティアや
2年後の世界盆栽大会の時には通訳のボランティアなど
有志として参加してくれるとのこと!
本当に、「子供達は皆の宝物」だと学んだ
小学校での盆栽授業が、
これから実を結び、
彼らが社会人となって色々な場所で活躍し、
世界へもはばたく時がやってきたのだと
後輩達の姿にひたすら感動し、期待をしています。
写真後列の、
彼らの笑顔と若さに力をもらった年明けです!

本年もありがとうございました!

みなさん、こんにちは。
今年も残りわずかとなりました。
先日は、地元の植竹小学校の5年生が
校外学習に園に見学に来てくれました。
20141230-DSC_0117.JPG
学校で常に子供達の盆栽を300鉢程度育てていることもあり、
子供達の質問は細かく、盆栽への関心がとても強くて
いきいきとした表情で盆栽園を見学していたのが
とても印象的でした。
子供達の活気をもらって、
盆栽もとても喜んでいたように思います。
盆栽もそうですが、
未来ある子供達の成長もとても楽しみですね!
それでは、皆様
本年もありがとうございました。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。
2015年が平和で実り多い年でありますように!
20141230-IMG_0294.JPG